歴史

電話をする女性

テレクラが誕生したのは、1985年あたりです。
その頃は携帯ももちろん普及しておらず、店舗へと出向いて女性との会話を楽しみ、そこから出会いに持ち込むという目的の場でした。
いわゆる風俗嬢などのプロではなく、素人の女性と出会えるのが男性からウケました。
とても人気があり、店舗は爆発的に増加しましたが、法改正などの影響もあってどんどん店舗は減少しました。
現在でもテレクラの店舗は残っていますが、その数は少数です。
店舗が減ったあとに台頭してきたのが、テレクラサイトです。ツーショットダイヤルとよばれることもあります。
サイト上から登録をして料金を支払って、女性とのテレホンセックスが楽しめるというサービスです。
出会い系サイトが増えたこともあって、爆発的に普及してはいませんが、ニッチな需要に応えて常に一定の人気があります。
特に普通のテレホンセックスではなく、アブノーマルなテレホンセックスができるサイトには人気があります。
テレホンセックスは女性との相性もありますし、マニアックな性癖ではついてこれないと悩む男性が利用しています。
風俗とは違い、誰かに見られる心配もなく、社会的な地位を守ることもできます。
そういったサイトでは、男性がより楽しめるよう十分な配慮もされています。
また、テレホンセックスだけでなく待ち合わせをすることも可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加